外壁塗装屋アンテナ工事で快適生活|業者が強力な味方に

color for house

豊富なデザイン

30坪程度の敷地で最低100万円程度

color And quality

注文建築で家を建てる人にとって、エクステリアは建物本体の使用を決めてから、仕様を固めるものとなるため、どうしても予算が回らなくなりがちです。 しかし、敷地面積30坪程度で建蔽率が40%から50%、容積率が80%から100%の住宅を建築し、敷地内に自家用車のための駐車場を設ける注文住宅であれば、エクステリアを最低限のものに留めるとしても100万円程度はかかることを見積もっておく必要があります。 しかも、エクステリアが殺風景ですと、せっかく建物に工夫と予算を投下しても、建物とのバランスが悪くなり、家全体の見栄えがしなくなります。 ですから、エクステリアに対して一定の予算を用意しておくことは、建物の仕様を詰める際に留意しておく必要のある事柄です。

素材の工夫等でコストを削減しつつ特色のあるエクステリアが可能

住宅の庭に関しても、例えばウッドやタイルのテラスは、下にコンクリートを打たなければなりませんので、コストが大きくかかります。しかし、インターロッキングという素材を使えば、下にコンクリートを打つ必要がなく、なおかつ色の種類も豊富で、タイルと同じような踏み心地があり、コストは同じ面積でタイルテラスの約半分程度で済みます。 また、植栽に関しても、エクステリア業者を介して購入すると高くつきますが、ホームセンター、もしくは最近ではインターネットショップで購入することもでき、圧倒的にコストが削減できます。 こうした工夫次第でコストを大きく削減しやすいのもエクステリアの特徴ですので、建物に予算がかかってしまい、エクステリアに余裕がない場合も。様々な工法や素材を検討することが重要です。

ページのトップへ戻る