外壁塗装屋アンテナ工事で快適生活|業者が強力な味方に

color for house

呼び名の変化

外回りの工事に必要な費用

color And quality

昔に比べれば外構はかなりオープンになってきています。住宅によっては、外回りに駐車場しかないような住宅さえあります。このような住宅では、エクステリアと言っても、駐車場のコンクリートだけですので、ほとんど費用はかかりません。つい最近まで、住宅の庭や外回りには植栽がみられましたが、最近は、植栽が全くない住宅も少なくありません。時代の流れとともにオープン外構は定着し、さらに、これまで以上にオープンになっています。エクステリアには意外とお金がかかりますし、きちんとすれば200万円程度かかることも少なくありません。このような費用をかけるよりも、エクステリアを簡素にして住宅に費用をかけて快適な建物にする人が増えています。

外構からエクステリアへ

近年では、外構とエクステリアは同義で使われることが多いですが、もともとエクステリアはインテリアに対比した呼び方であり、建物の外観といったイメージの強い言葉です。かつては外構と呼ばれていた建物の外回りが、エクステリアと呼ばれることで、ずっとオシャレなものになっています。時代とともに外回りが変わってきたことも大きな理由です。最近の外回りは、限りなくオープンな外構で、外との境目がありませんし、建物を隠すようなものはありません。

ページのトップへ戻る